スキー上級者 コブ挑戦

上級者を羨望のまなざしで見つめていた初心者から、ひたすら練習を積み、上達の達成感を感じながら楽しさを感じると、更なる高みを目指す中級者となります。

スポンサードリンク

自由自在にそして縦横無尽にゲレンデを滑走でき、初心者への的確な指導ができるようになって十分な自信も付いた上級者に成長すると、必ず挑戦したくなることのひとつに、コブがあります。

ゲレンデに数多く存在するコブは、苦手だという人と、コブが大好物なひとがいます。
コブは自然にできたもので、滑走するたびに常に形を変えていく生き物のようなものです。
同じ形のものはなく、1つ1つ形も違います。

ですから、滑走するたびに毎回違う感覚を味わえるのが魅力のひとつといっていいでしょう。
コブに挑戦するときに一番の敵は何でしょうか?
それは自分自身の恐怖心と言っても言い過ぎではありません。

滑走するたびにゲレンデがえぐれていき、それがコブとなります。
コブを凸凹の部位に分けると、頭、腹、溝というように分類できます。

頭が、コブの頂点でスキーの向きを変えやすい場所です。
腹は、コブの側面を指し、スピードをコントロールする必要がある場所です
溝は、凸と凹間の側溝部分を指し、ターンすることがもっとも難しいとされている部分です。

頭、腹、溝、問わず、初心者には難しく感じます。
中級者になるとある程度のコントロールをすることができますが、油断すると痛い目にあいます。
それほど、コブは難易度が高いのです。
ゲレンデによってはモーグルコースのようなコブ斜面を作っているところもあります。

自信のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

スキー上達へ 予備知識
スキー場には正に冬の時代が訪れています。 以前と違い、黙っていてもお客が押し寄せ......
スキー板の選び方
スキーはスノーボードと違って、両足を拘束されません。 両手にストック、両足に板と......
スキーストックとフォーム
ストックは、滑走時にターンのきっかけやリズムを刻む場合に用いられます。 滑る際に......
北海道のおススメのゲレンデ
北海道には沢山のスキー場があります。 インターネットで検索するとルスツリゾート、......
スキーブーツの選び方
スキーブーツはとても重要です。 自分の意思をスキー板に伝える重要な役目を担ってい......
岩手県のゲレンデ 岩手安比高原
まず最初のおススメのゲレンデは、岩手安比高原です。 スキーヤーとスノーボーダーの......
青森県 ナクア白神スキーリゾート
まず最初のおススメのゲレンデは、ナクア白神スキーリゾートです。 このスキー場は日......
北海道の人気ホテル
北海道のホテルのなかでも、人気の高いホテルをご紹介します。 まず、最初にご紹介す......
宮城県 スプリングバレー泉高原スキー場
最初のおススメのゲレンデは、スプリングバレー泉高原スキー場です。 全10コースあ......
秋田県 ジュネス栗駒スキー場
最初におススメのゲレンデは、ジュネス栗駒スキー場です。 スキーヤーとスノーボーダ......
山形県 米沢スキー場 天元台高原
最初のおススメのゲレンデは、米沢スキー場です。 こちらのゲレンデは、中級者向けで......
栃木県と長野県のゲレンデ
最初のおススメゲレンデは、マウントジーンズ・スキーリゾート那須です。 こちらは初......
岐阜県のゲレンデ チャオ御岳スノーリゾート
まずおススメのゲレンデは、チャオ御岳スノーリゾートです。 全5コースありスキーヤ......
福島県のゲレンデ アルツ磐梯
最初におススメのゲレンデは、アルツ磐梯です。 ここは、全29コースあり、初級者コ......
福井県 スキージャム勝山 今庄365スキー場
まず、最初にご紹介するのは、スキージャム勝山です。 西日本最大級のゲレンデで全1......
兵庫県と滋賀県のゲレンデ
兵庫県のアップかんなべがおススメです。 全3コースあり、スキーヤーとスノーボーダ......
富山県のゲレンデ スノーバレー利賀
最初のおススメのゲレンデはスノーバレー利賀(トガ)です。 こちらのスキー場は、......
広島県 ユートピアサイオト めがひらスキー場
広島県のユートピアサイオトというスキー場をご紹介します。 このスキー場は全6コー......
スキー初心者の心得とマナー
初心者の方々がゲレンデデビューしたとき、おそらくワクワクよりドキドキのほうが強い......
島根県 大山スキー場
まず、おススメなのが大山スキー場です。 大山国際スキー場と上野原スキー場と豪円山......
初心者練習法(両足スキー)
初心者の皆さん、両足にスキーを履いてください。 まずは、歩行から始めましょう。 ......
初心者練習法(片足スキー)
ゲレンデの雰囲気と道具にある程度、慣れてきたら実際にスキー体験をしてみましょう。......

▲このページのトップへ